馬暦神社

挿絵

御祭神

  • 写真写真サムネイル
    外国産馬国内最古の史跡【馬暦神社】
    投稿者東沢 空
  • 写真写真サムネイル
    【馬暦神社】御朱印
    投稿者東沢 空

口伝 全1件

  • 投稿者東沢 空
    (4件)
    投稿日:訪問日:
    評価:2.5 “外国産馬国内最古の史跡-【馬暦神社】”

    【馬暦神社】
    ・祭神… 保食神
    ・御利益…農業守護、漁業守護
    ・所在… 青森県 三戸町 川守田
    ・社務所… 無し(無人神社)
    ・御朱印… 有り(別当社で拝受)

     享保10年、徳川吉宗将軍は当時オランダから献上された「ペルシャ産の名馬」を、南部藩に下付した。南部藩は、この名馬を住谷野の牧に放牧し、種馬として改良を試みた。しかしながら、その種馬はわずか九歳で亡くなってしまった。
    これをみた関係者はひどく悼み、丁重に弔い、三葉の松を植えて墓印とした。すると不思議なことに、その松の枝はみな西の方へとのびていった。
     これをみた人々は、「馬が母国を慕っているのだ」と言い、馬の神として崇めるようになった。
    寛保3年には、元野馬別当の石井玉葉が蒼前堂と碑を建立し、馬頭観世尊を祀った。これが当神社の起源である。後に、昭和21年3月に「馬暦神社」に改称され、今に至る。
     この碑は「唐馬の碑」ともいわれ、外国馬に関する日本産馬史上、最も古い史料として、青森県重要文化財に指定されている。

御祭り・神事・行事一覧(2020年度)

時 期内 容
2月8日(土)例祭

鎮座地

〒039-0141 青森県アオモリケン三戸郡三戸町サンノヘグン サンノヘマチ川守田カワモリタ下比良19

御作法