名称・別称

配志和神社ハイシワジンジャ

  • はいしわさん
挿絵
陸奧國磐井郡 配志和神社

御祭神

写真をもっと見る

口伝 全2件

平均評価(2件中): 3.75
  • 投稿者阿礼六九
    (4件)
    投稿日:訪問日:
    評価:5“配志和神社”

    「配志和神社に詣でる物はまず白鳥神社を詣でて参るべし」との言い伝えがあるそうです。
    写真には写っていませんが、境内社白鳥神社の隣に八雲神社、三宝荒神社があります。
    参道の石段は400段以上ありますが、緩やかなので疲れません。
    カーナビ等で案内してもらう時は駐車場の住所にしておいた方がいいかもしれません。

  • 投稿者MIZUNO
    (185件)
    投稿日:訪問日:
    評価:2.5“配志和神社の歴史(境内案内板より)”

    磐井郡二座のうち 西磐井・流の総鎮守神。祭神高皇産靈尊・ 木花開耶姫命・瓊瓊杵尊を祭り、はじめ磐座山に鎮座して 火石輪と号し延喜以来配志和神社と改め、中古現在地 に移す。始輪大明神・穂志波社・梅森明神・蘭梅明神 (梅の宮)・丑蔵社とも呼ぶ。磐座の旧社を本山と呼び、奥の院と いう。今の社を新山と呼び新山宮と申し唱える。寛永中火災 によって縁起文書を焼失したが、古来の天孫降臨・供奉稚児 行列々祭典を今に伝える。(宝暦風土記)

御祭り・行事一覧(2022年度)

時 期内 容
5月1日(日)例祭

鎮座地

〒021-0035 岩手県イワテケン一関市イチノセキシ山目館ヤマノメ タテ56

最寄駅・路線

最寄のバス停・路線

付近の神社

御作法