総社神社ソウシャジンジャ

挿絵

鎮座地

〒010-0946 秋田県アキタケン秋田市アキタシ川尻総社町カワシリソウシャマチ14-6

  • 投稿者H K
    (13件)
    投稿日:訪問日:
    評価:0 “ホームページより境内案内…”

    総社神社の鎮座する森は、境内が、約一〇〇本の欅の大木でおおわれ、秋田市ふるさと百景にも選定されている。宝永四(一七〇七)年に現在の森の原型が造られたとされるが、森巌は緑を満々とたたえて安らぎをあたえてくれる。
    境内には多くの石碑も建立されている。ほとんどが町内にあったものというが、この地の人々の信仰の深さが知れよう。庚申(文化十二年)を最古とするが、他に出羽三山碑(天保十年)太平山碑・豊受大神碑・山神碑・大黒天碑・忠魂碑などの他、めずらしい馬魂碑(荷馬車業組合建立)もある。かつて社務所は香雲吟社として俳人の集うところであったため、境内には俳人安藤和風(わふう)・五百枝(いおえ)父子の句碑もみられる。