名称・通称 [観光名所]

神田神社カンダジンジャ

  • 神田明神カンダミョウジン
挿絵

天平二年に出雲系の氏族が、旧武蔵国で大己貴命お祀りしたのが始まりとされる。この地に伊勢神宮の「御田」があった事から、神田を鎮めるために創建されたのが「神田ノ宮」と称され、元和二年に現在地へと遷座した。

御祭神

写真をもっと見る

口伝 全2件

平均評価(2件中): 4
  • 投稿者MIZUNO
    (173件)
    投稿日:訪問日:
    評価:4 “社殿は伊東忠太の建築です。”

    社殿は、築地本願寺(中央区)や上杉神社(山形県米沢市)と同じく、伊東忠太の建築です。

  • 投稿者MIZUNO
    (173件)
    投稿日:訪問日:
    評価:4 “神田明神案内(案内板より)”

    社伝によると 聖武天皇の御代 武蔵国豊島郡芝崎の 浜辺(現在の皇居大手門前)に宮居が定められてより 壱千数百年 その間 鎌倉時代に 時宗二祖真教上人は 平将門公の霊を鎮めて当社に祀り さらに 元和二年 二代将軍徳川秀忠公は 現在地に壮麗な社殿を造営し 遷座のうえ 江戸の総鎮守の神として 代々尊信せら れました また当社の神田祭は日本三大祭りの一つと して氏子百余ヶ町よりねり出す 神輿 山車の行列は 文化文政の頃を頂点として盛儀を極めたのであります
    明治七年には 常陸国大洗磯前神社より 少彦名命を 勧請して 同年九月 畏くも 明治天皇の行幸を仰ぎ 社運は弥栄え 今日に至っております

御祭り・神事・行事一覧(2020年度)

時 期内 容
5月15日(金)例祭

鎮座地

〒101-0021 東京都トウキョウト千代田区チヨダク外神田ソトカンダ2-16-2

最寄駅・路線

最寄のバス停・路線

付近の神社

御作法