名称・通称 [観光名所]

大國魂神社オオクニタマジンジャ

  • 大国魂神社オオクニタマジンジャ
  • 六所宮ロクショグウ
挿絵

古代から中世にかけて国の行政官である国司が、各国内の神社を一宮から順に巡拝していた。これを効率化する為に、旧武蔵国の一宮から六宮までをまとめてお祀りした総社がこの神社である。この為「六所宮」とも呼ばれている。

御祭神

  • 大國魂大神オオクニタマノオオカミ
写真をもっと見る
  • 写真写真サムネイル
    本殿は静かな林の中にひっそりと鎮座している
    投稿者nitaro
  • 写真写真サムネイル
    参道はとても長く途中京王馬場線の踏み切りがある
    投稿者nitaro
  • 写真写真サムネイル
    大国魂神社から徒歩15分ほどの場所にある境外末社の武蔵国府八幡宮
    投稿者nitaro
  • 写真写真サムネイル
    大國魂神社 府中本町駅側鳥居
    投稿者yochisuke
  • 写真写真サムネイル
    大国魂神社 境内
    投稿者susanoo_kunio
  • 写真写真サムネイル
    大国魂神社 境内のしだれ桜
    投稿者susanoo_kunio

口伝 全1件

  • 投稿者MIZUNO
    (173件)
    投稿日:訪問日:
    評価:5 “大国魂神社案内(境内看板より)”

    律令時代国司が国内の大社六社を国府に勧請祭祀 し、武蔵総社または六所社と称したのがこの大国魂 神社である。本殿のうち中殿は大国魂大神、御霊大 神、国内諸神、東殿は小野大神、小河大神、氷川大 神、西殿は秩父大神、金佐奈大神、杉山大神を祀る。
     この本殿は四代将軍家綱の命によって寛文七年(一 六六七)三月完成したもので、その後数回修理を行なっ ているが、部分的に室町時代末期の様式をとどめ、 江戸時代初期の神社建築として保存の価値がある。 また特異な構造形式は遺例少く珍らしい。
     構造は九間社流造、向拝五間、銅板葺、三間社流造 の社殿三棟を横に連絡した相殿造。

御祭り・神事・行事一覧(2020年度)

時 期内 容
5月5日(火)例祭

鎮座地

〒183-0023 東京都トウキョウト府中市フチュウシ宮町ミヤマチ3-1

最寄駅・路線

最寄のバス停・路線

付近の神社

御作法