名称・通称

大内山オオウチサン仁和寺ニンナジ

  • 真言宗 御室派 総本山シンゴンシュウ オムロハ ソウホンザン
挿絵

皇室とゆかりの深い寺で、出家後の宇多法皇が住したことから「御室御所」と称された。明治維新以降は皇族が就か無くなったこともあり「旧御室御所」と称するようになった。また、京都の文化財として世界遺産に登録されている。

宗派・教義

御本尊

写真をもっと見る
  • 写真写真サムネイル
    真言宗御室派 大内山 仁和寺
    投稿者Taketomi Ishida
  • 写真写真サムネイル
    仁和寺奉拝
    投稿者YY
  • 写真写真サムネイル
    仁和寺の五重塔
    投稿者YY
  • 写真写真サムネイル
    仁和寺 五重塔
    投稿者おっさん
  • 写真写真サムネイル
    仁和寺 御影堂
    投稿者おっさん
  • 写真写真サムネイル
    仁和寺 勅使門
    投稿者おっさん

口伝 全1件

  • 投稿者YY
    (10件)
    投稿日:訪問日:
    評価:5 “世界遺産・御室御所「仁和寺」”

    888年に建立。宇多法皇がお住まいになったことから「御室御所」と呼ばれる。皇室との結びつきが強く、明治まで皇族が代々の住職を務める。名勝・御室桜は遅咲きで有名。

所在地

〒616-8092 京都府キョウトフ京都市右京区キョウトシ ウキョウク御室大内オムロオオウチ33

最寄駅・路線

最寄のバス停・路線

付近の寺院

御作法