春日神社カスガジンジャ

挿絵

御祭神

  • 写真写真サムネイル
    春日神社(徳島県小松島市和田島町)の社殿です
    投稿者Masamoto Akihiro

口伝 全1件

  • 投稿者Masamoto Akihiro
    (1件)
    投稿日:訪問日:
    評価:3.5 “春日神社略縁起”

    当地、和田島の地は那賀川の堆積によって自然的に造成され往古は住民も少なく
    漁する人々が この地を訪ねるくらいであった。その昔漁師がこの沖で網を入れて
    居ると大きな岩が入り何回 捨ててもはいるので不思議に思いよく岩を見ると春日
    大明神と輝いたので驚き奉斎された。霊示により 現今の霊地に社殿を建て鎮祭、
    以来この地の氏神として尊崇す。(阿波誌)に春日祠 和田島に在り松樹扶琉側に
    若宮在り。
     寛文十二年(一六六一年)(現存最古棟札)ご 社殿再建す。近時 昭和二十四年
    に社殿改築なすも老朽と狭隘の為改築せんと昭和六十三年正月に起工式 を挙げ若宮社、八幡社を相殿に奉斎す。
     この間 昭和七年に海岸国有地十町五反三畝歩を大蔵省より壱阡七百拾五円九 拾七銭で買収した、この社地を利用者に譲渡し改築資金に充当し氏子崇敬者の浄財四阡有余萬円併せ 壱億弐阡余萬円で近郷稀に見る荘厳草麗なご社殿の完成を見た、この改築には氏子民はもとより遠くアメリカに在住する 当地出身者の方々からもご浄財が寄せられ氏子崇敬者の心の故郷として老松の垣間に金色燦然と輝きご神威 益々普き給う。茲にその縁起の概略を記して江湖敬神探勝の士に示す。
                                     昭和六十三年 十月記

鎮座地

〒773-0031 徳島県トクシマケン小松島市コマツシマシ和田島町ワダジマチョウ明神北129

最寄駅・路線

最寄のバス停・路線

付近の神社

御作法