寺院の参拝作法

挿絵

寺院での宗派に捉われない一般的な参拝作法をご紹介いたします。

山門の前で一礼

写真挿絵挿絵

入り口にある山門で、本堂に向かって一礼または合掌。
山門がない場合は、境内との境界線あたりで行います。
敷居はまたいで入りましょう。

手水舎で心身を清める

写真

手水舎チョウズヤは参拝者が身を清めるために手を洗い、口をすすぐ場所です。
水盤でよく見る「洗心センシン」の文字は、「手と口を洗い清めて心も清める」という意味です。
また、手と口を洗うのはミソギの作法を簡略化したものといわれています。

  1. 挿絵

    左手を清める

    柄杓を右手で取り、水を汲みます。その水を左手に注ぎ、洗い清めます。

  2. 挿絵

    右手を清める

    柄杓を左手に持ち替えます。右手に水を注ぎ、洗い清めます。

  3. 挿絵

    口をすすぐ

    柄杓を右手に持ち替えます。左の手のひらに一口分の水を受け、口を注ぎます。

  4. 挿絵

    もう一度、左手を清める

    口をすすぐために使った左手をもう一度、洗い清めます。

  5. 挿絵

    柄杓を清める

    柄杓を立てて、残った水で柄の部分を洗い清めます。

  6. 挿絵

    柄杓を元通りに

    最後に柄杓を伏せて、元の位置に戻しましょう。

献香・献灯を行う

写真

本堂の前に、蝋燭または線香が用意されている場合は献香・献灯を行います。
線香の本数は宗派によって異なりますが、通常は蝋燭または線香共に一本で構いません。
ただし、防火の為に献香・献灯を謝絶している寺院もありますので、線香や蝋燭が用意されていない場合は行いません。

本堂に参り合掌礼拝

写真

通常は何も唱えず、静かに合掌礼拝をします。
寺院によっては合掌一礼時に、唱える言葉が掲示されている場合があります。

  1. 挿絵

    本堂前で浅いお辞儀

    本堂に向かって軽くお辞儀をします。

  2. 挿絵

    お賽銭を静かに入れる

    寺院でのお賽銭は、欲(お金)を手放すという修行の意味等があります。

  3. 挿絵

    鰐口がある場合は鳴らす

    鰐口の音を鳴らす事で、御仏に対して参拝を告げる合図等の意味があります。

  4. 挿絵

    姿勢を正して立つ

    姿勢を正し、数珠があれば手に持っていましょう。

  5. 挿絵

    手のひらを合わせる

    静かに手のひらを合わせて合掌します。拍手は打たないので注意してください。

  6. 挿絵

    本堂に向かって合掌一礼する

    合掌したまま、四十五度にお辞儀をした後、本堂前を離れます。

寺院から出るときに一礼

写真挿絵挿絵
山門で本堂に向かって一礼または合掌をします。
出るときも、敷居をまたいで出ましょう。
挿絵

以上が宗派に捉われない基本的な参拝作法でしたが、各宗派・各教義で所作は異なります。
分からない事があれば僧侶の方に尋ねてみましょう。
最終更新日:2015年08月17日

全国の新着口伝

  • 投稿者mogura
    (51件)
    投稿日:訪問日:
    卍東雲寺|東京都 “東雲寺 縁起”

    宗派◇曹洞宗。横浜市小机町松雲院末寺。 山寺号◇龍谷山成就院東雲寺
    開山◇もともと成瀬会下山にある成瀬城址の東渓渓谷に所在し、城主中里氏の菩提寺であった。開祖龍谷は1536年5月27日寂した。江戸時代に入って現在地に移転し、開山は明眼宝珠、1631年5月5日寂。
    朱印◇寺領5石3斗  寺宝◇弁財天塑像、新編武蔵風土記稿に記載あり
    本堂◇正面中央2間半・両袖3間ずつ・奥行6間半・木造瓦葺・入母屋造・60坪。本尊華厳釈迦木の坐像、長1尺。1723年、1878年に火災に遭い、現在の本堂は1910年のもの。
    位牌堂◇間口3間・奥行4間・木造瓦葺。 鐘楼◇9尺4寸四方草葺。梵鐘に1745年の銘あり。
    >>町田市史(1976)から抜粋

  • 投稿者mogura
    (51件)
    投稿日:訪問日:
    卍祥雲寺|東京都 “祥雲寺 縁起”

    宗派◇曹洞宗。本山は相模国大住郡日向村石雲寺末だったが、今は越前永平寺末としている。
    開山◇寥堂秀廓和尚(永禄3年6月15日寂)。大永6年8月、小田原北条氏の武運長久のため、檀信徒の帰依を得て創立。北条氏虎印の朱印地寄進文書もあったが、享保の火災で焼失と伝う。幕末には地方の小寺院として成立していたようである。
    境内地◇705坪 朱印◇寺領15石
    本堂◇本堂(間口8間に奥行7間)と観音堂(4間に2間半)があったが、関東大震災で共に倒壊。1924年・1974年に再建された。現在の本堂は鉄筋コンクリート、間口8間半・奥行8間。本尊は釈迦木坐像。
    観音堂◇旧本堂を同一境内に移築。間口6間・奥行5間。本尊は正観音木立像、長1尺5寸、行基作というが実際は平安中期頃のもの。
    鐘楼◇9尺四方、1825年鋳とある。戦時供出を経て、1947年に兵庫県尼崎市で発見される。
    >>町田市史(1976)を参考にした。

  • 投稿者田村博
    (20件)
    投稿日:訪問日:
    ⛩天聖光宮|北海道 “位置について”

    かなり町外れにあり、案内もなく、見つけるのは困難です。