寺院の参拝作法

寺院での宗派に捉われない一般的な参拝作法をご紹介いたします。

門の前で一礼

入り口にある山門で、本堂に向かって一礼または合掌。
山門がない場合は、境内との境界線あたりで行います。
敷居はまたいで入りましょう。

水舎で心身を清める

手水舎 (チョウズヤ) は参拝者が身を清めるために手を洗い、口をすすぐ場所です。
水盤でよく見る「 洗心 (センシン) 」の文字は、「手と口を洗い清めて心も清める」という意味です。
また、手と口を洗うのは (ミソギ) の作法を簡略化したものといわれています。

  1. 左手を清める

    柄杓を右手で取り、水を汲みます。その水を左手に注ぎ、洗い清めます。

  2. 右手を清める

    柄杓を左手に持ち替えます。右手に水を注ぎ、洗い清めます。

  3. 口をすすぐ

    柄杓を右手に持ち替えます。左の手のひらに一口分の水を受け、口を注ぎます。

  4. もう一度、左手を清める

    口をすすぐために使った左手をもう一度、洗い清めます。

  5. 柄杓を清める

    柄杓を立てて、残った水で柄の部分を洗い清めます。

  6. 柄杓を元通りに

    最後に柄杓を伏せて、元の位置に戻しましょう。

香・献灯を行う

本堂の前に、蝋燭または線香が用意されている場合は献香・献灯を行います。
線香の本数は宗派によって異なりますが、通常は蝋燭または線香共に一本で構いません。
ただし、防火の為に献香・献灯を謝絶している寺院もありますので、線香や蝋燭が用意されていない場合は行いません。

堂に参り合掌礼拝

通常は何も唱えず、静かに合掌礼拝をします。
寺院によっては合掌一礼時に、唱える言葉が掲示されている場合があります。

  1. 本堂前で浅いお辞儀

    本堂に向かって軽くお辞儀をします。

  2. お賽銭を静かに入れる

    寺院でのお賽銭は、欲(お金)を手放すという修行の意味等があります。

  3. 鰐口がある場合は鳴らす

    鰐口の音を鳴らす事で、御仏に対して参拝を告げる合図等の意味があります。

  4. 姿勢を正して立つ

    姿勢を正し、数珠があれば手に持っていましょう。

  5. 手のひらを合わせる

    静かに手のひらを合わせて合掌します。拍手は打たないので注意してください。

  6. 本堂に向かって合掌一礼する

    合掌したまま、四十五度にお辞儀をした後、本堂前を離れます。

院から出るときに一礼

山門で本堂に向かって一礼または合掌をします。
出るときも、敷居をまたいで出ましょう。

以上が宗派に捉われない基本的な参拝作法でしたが、各宗派・各教義で所作は異なります。
分からない事があれば僧侶の方に尋ねてみましょう。

最終更新日:2015年08日17月

国の新着写真

国の新着口伝