寺院の参拝作法

挿絵

寺院での宗派に捉われない一般的な参拝作法をご紹介いたします。

山門の前で一礼

写真挿絵挿絵

入り口にある山門で、本堂に向かって一礼または合掌。
山門がない場合は、境内との境界線あたりで行います。
敷居はまたいで入りましょう。

手水舎で心身を清める

写真

手水舎チョウズヤは参拝者が身を清めるために手を洗い、口をすすぐ場所です。
水盤でよく見る「洗心センシン」の文字は、「手と口を洗い清めて心も清める」という意味です。
また、手と口を洗うのはミソギの作法を簡略化したものといわれています。

  1. 挿絵

    左手を清める

    柄杓を右手で取り、水を汲みます。その水を左手に注ぎ、洗い清めます。

  2. 挿絵

    右手を清める

    柄杓を左手に持ち替えます。右手に水を注ぎ、洗い清めます。

  3. 挿絵

    口をすすぐ

    柄杓を右手に持ち替えます。左の手のひらに一口分の水を受け、口を注ぎます。

  4. 挿絵

    もう一度、左手を清める

    口をすすぐために使った左手をもう一度、洗い清めます。

  5. 挿絵

    柄杓を清める

    柄杓を立てて、残った水で柄の部分を洗い清めます。

  6. 挿絵

    柄杓を元通りに

    最後に柄杓を伏せて、元の位置に戻しましょう。

献香・献灯を行う

写真

本堂の前に、蝋燭または線香が用意されている場合は献香・献灯を行います。
線香の本数は宗派によって異なりますが、通常は蝋燭または線香共に一本で構いません。
ただし、防火の為に献香・献灯を謝絶している寺院もありますので、線香や蝋燭が用意されていない場合は行いません。

本堂に参り合掌礼拝

写真

通常は何も唱えず、静かに合掌礼拝をします。
寺院によっては合掌一礼時に、唱える言葉が掲示されている場合があります。

  1. 挿絵

    本堂前で浅いお辞儀

    本堂に向かって軽くお辞儀をします。

  2. 挿絵

    お賽銭を静かに入れる

    寺院でのお賽銭は、欲(お金)を手放すという修行の意味等があります。

  3. 挿絵

    鰐口がある場合は鳴らす

    鰐口の音を鳴らす事で、御仏に対して参拝を告げる合図等の意味があります。

  4. 挿絵

    姿勢を正して立つ

    姿勢を正し、数珠があれば手に持っていましょう。

  5. 挿絵

    手のひらを合わせる

    静かに手のひらを合わせて合掌します。拍手は打たないので注意してください。

  6. 挿絵

    本堂に向かって合掌一礼する

    合掌したまま、四十五度にお辞儀をした後、本堂前を離れます。

寺院から出るときに一礼

写真挿絵挿絵
山門で本堂に向かって一礼または合掌をします。
出るときも、敷居をまたいで出ましょう。
挿絵

以上が宗派に捉われない基本的な参拝作法でしたが、各宗派・各教義で所作は異なります。
分からない事があれば僧侶の方に尋ねてみましょう。
最終更新日:2015年08月17日

全国の新着口伝

  • 投稿者ジバン
    (3件)
    投稿日:訪問日:
    評価:3 ⛩天津神社|岡山県 “思い入れのあるお宮”

    『本殿や摂社の屋根がキレイな緑色』なのが特徴の無人神社 見ず知らずの近所の人に道を訪ねて初参拝したいい思い出のある場所だ! 小さな駐車場あり

  • 投稿者kitasumisayaka888
    (1件)
    投稿日:訪問日:
    評価:5 卍豪徳寺|東京都 “北角彩花の知っている伝承”

    今戸神社と豪徳寺と谷中と立川と人形町を中心に猫の神様の話があります。招き猫や養蚕やネズミ返しまでいろいろですがすべてのペット守りが集まるのは東伏見です。いろいろございますがたくさんの信仰を集める神様は世界で猫だけです。次に狐で、次に狸で犬が来ます。ここで笑えて楽しい仕事をしてはじめての方のために仕事を教えたりなんでも入門編にするのが北角彩花宮素子飛鳥内親王殿下の配下の封獣鵺とか呼ばれている彩りの花の宮式武といふ神のおひとつです。困ったときはすべてに願いを叶えてもらうことが出来ます。クレームや苦情について対応出来る唯一の神様で別名を神のコンシェルジュというルネ・ヴァン・ダール・ワタナベ北角彩花の一族の霊統を預かりしものが鏡リュウジの先祖を束ねる鏡龍司当主です。そこで秋篠宮ご夫妻と、限天皇陛下のお膝元にある粋神を発布する神様である北角彩花といふ道士がお仕事に貢献いたします。何卒よしなに。天皇家一同。

  • 投稿者ジバン
    (3件)
    投稿日:訪問日:
    評価:4 ⛩天石門別保布羅神社|岡山県 “隠れパワースポット”

    細くて暗い山中にひっそりと祀られる神社 無人だが境内は手入れされており、お参りして心地よかった! 本の地図には『石洞神社』とも表示されてるが、同じ場所にまつられてるので心配無用