寺院の参拝作法

挿絵

寺院での宗派に捉われない一般的な参拝作法をご紹介いたします。

山門の前で一礼

写真挿絵挿絵

入り口にある山門で、本堂に向かって一礼または合掌。
山門がない場合は、境内との境界線あたりで行います。
敷居はまたいで入りましょう。

手水舎で心身を清める

写真

手水舎チョウズヤは参拝者が身を清めるために手を洗い、口をすすぐ場所です。
水盤でよく見る「洗心センシン」の文字は、「手と口を洗い清めて心も清める」という意味です。
また、手と口を洗うのはミソギの作法を簡略化したものといわれています。

  1. 挿絵

    左手を清める

    柄杓を右手で取り、水を汲みます。その水を左手に注ぎ、洗い清めます。

  2. 挿絵

    右手を清める

    柄杓を左手に持ち替えます。右手に水を注ぎ、洗い清めます。

  3. 挿絵

    口をすすぐ

    柄杓を右手に持ち替えます。左の手のひらに一口分の水を受け、口を注ぎます。

  4. 挿絵

    もう一度、左手を清める

    口をすすぐために使った左手をもう一度、洗い清めます。

  5. 挿絵

    柄杓を清める

    柄杓を立てて、残った水で柄の部分を洗い清めます。

  6. 挿絵

    柄杓を元通りに

    最後に柄杓を伏せて、元の位置に戻しましょう。

献香・献灯を行う

写真

本堂の前に、蝋燭または線香が用意されている場合は献香・献灯を行います。
線香の本数は宗派によって異なりますが、通常は蝋燭または線香共に一本で構いません。
ただし、防火の為に献香・献灯を謝絶している寺院もありますので、線香や蝋燭が用意されていない場合は行いません。

本堂に参り合掌礼拝

写真

通常は何も唱えず、静かに合掌礼拝をします。
寺院によっては合掌一礼時に、唱える言葉が掲示されている場合があります。

  1. 挿絵

    本堂前で浅いお辞儀

    本堂に向かって軽くお辞儀をします。

  2. 挿絵

    お賽銭を静かに入れる

    寺院でのお賽銭は、欲(お金)を手放すという修行の意味等があります。

  3. 挿絵

    鰐口がある場合は鳴らす

    鰐口の音を鳴らす事で、御仏に対して参拝を告げる合図等の意味があります。

  4. 挿絵

    姿勢を正して立つ

    姿勢を正し、数珠があれば手に持っていましょう。

  5. 挿絵

    手のひらを合わせる

    静かに手のひらを合わせて合掌します。拍手は打たないので注意してください。

  6. 挿絵

    本堂に向かって合掌一礼する

    合掌したまま、四十五度にお辞儀をした後、本堂前を離れます。

寺院から出るときに一礼

写真挿絵挿絵
山門で本堂に向かって一礼または合掌をします。
出るときも、敷居をまたいで出ましょう。
挿絵

以上が宗派に捉われない基本的な参拝作法でしたが、各宗派・各教義で所作は異なります。
分からない事があれば僧侶の方に尋ねてみましょう。
最終更新日:2015年08月17日

全国の新着口伝

  • 投稿者kouji-baba
    (1件)
    投稿日:訪問日:
    評価:4 ⛩衣羽神社|広島県 “千年の歴史ある由緒正しい神社🎵”

    千年以上前から江波山にある神社ですよ🎵是非一度訪れてみてください。

  • 投稿者神路 巡
    (47件)
    投稿日:訪問日:
    卍雨錫寺|和歌山県 “阿弥陀堂で奉納される御田舞”

    http://www.eonet.ne.jp/~improve/           国の重要無形民俗文化財に指定されている杉野原の御田舞の奉納は当寺阿弥陀堂で長く行われていたが平成三十年を最後に中断している。https://kunishitei.bunka.go.jp/heritage/detail/302/112

  • 投稿者神路 巡
    (47件)
    投稿日:訪問日:
    卍遍照寺|和歌山県 “縁起他..”

    弘法大師開基弘仁6年大師四十二歳の時、道俗教化のため当地に立ち寄り椎の木の下で護摩を焚き、庵を設け厄除けのために地蔵と不動明王を彫り此処に安置したので、厄除け大師と伝えられている。昔飢饉で民が餓死せんとした時、弘法大師が此の山(遍照寺山)に生えている菜(不蒔菜)を食べよと教え生き延びたことから、山号は不蒔菜山という。   御田舞は国の重要無形民俗文化財で平安中期から継承されている田遊びの一つで田の神を信仰し田を護り、先祖を敬い一年の豊作を祈願する古式ゆかしい民俗芸能。年の初めに収穫を予祝するために行われる。
    春の田拵えの田打ちから、田植え、田刈、籾摺りまでが古風な歌と踊りを格調高く振付け演じる。現在は隔年ごとの旧暦の正月八日に近い祝祭日に奉納。            仏の舞は県の無形民俗文化財で平安時代から始まり、当寺に伝承された仏教の古典芸能。法華経の五の巻「提婆達多品」
    第十二にある女人成仏をテーマとした全国でも珍しい舞踏劇。六十一年目毎の閏十月の年にしか奉納されなかった為、幻の舞とされていたが昭和39年からは古典芸能保存会によってしばしば上演され、次回は令和六年十月頃に奉納予定。