神社の参拝作法

挿絵

神社でのいわゆる「略式参拝」「自由参拝」の作法をご紹介いたします。

鳥居の前でご挨拶

写真挿絵
浅いお辞儀「一揖イチユウ
鳥居は神様が宿る結界にして、人が住む外界との境界線。
鳥居の前で、神域へと入らせていただく気持ちを表します。
揖 ••• 軽くおじぎすること。会釈。

参道の歩き方について

写真

参道の中央を避けて歩かなくて構いません。
神様が通る道「正中セイチュウ」を避けるのは、神職の祭事や拝殿内での作法の事です。

手水舎で心身を清める

写真

手水舎チョウズヤは参拝者が身を清めるために手を洗い、口をすすぐ場所です。
水盤でよく見る「洗心センシン」の文字は、「手と口を洗い清めて心も清める」という意味です。
また、手と口を洗うのはミソギの作法を簡略化したものといわれています。

  1. 挿絵

    左手を清める

    柄杓を右手で取り、水を汲みます。その水を左手に注ぎ、洗い清めます。

  2. 挿絵

    右手を清める

    柄杓を左手に持ち替えます。右手に水を注ぎ、洗い清めます。

  3. 挿絵

    口をすすぐ

    柄杓を右手に持ち替えます。左の手のひらに一口分の水を受け、口を注ぎます。

  4. 挿絵

    もう一度、左手を清める

    口をすすぐために使った左手をもう一度、洗い清めます。

  5. 挿絵

    柄杓を清める

    柄杓を立てて、残った水で柄の部分を洗い清めます。

  6. 挿絵

    柄杓を元通りに

    最後に柄杓を伏せて、元の位置に戻しましょう。

拝礼で尊敬と感謝を表現

写真

現在、一般的な拝礼作法「二拝ニハイ二拍手ニハクシュ一拝イッパイ※1」でのお詣りです。※2
神様への尊敬と感謝の気持ちを心に込めて拝礼しましょう。

※1拝 ••• 頭を深くたれて敬礼すること。
※2昭和二十三年(西暦1948年)に神社本庁が現在の形、「二拝二拍手一拝」を参考例として広めました。
また、宇佐神宮出雲大社熊野神社では「二拝四拍手一拝」が拝礼作法とされています。
  1. 挿絵

    御神前に一礼する

    拝殿前に進み出たら、御神前に向かってお辞儀をします。

  2. 挿絵

    お賽銭を静かに入れる

    感謝の気持ちを表し、お供えをする行為なので、投げ入れずにそっと入れます。

  3. 挿絵

    鈴がある場合は鳴らす

    鈴の音を鳴らす事で、邪気を祓い清める等の意味があります。

  4. 挿絵

    御神前にまっすぐ立つ

    姿勢を正し、自然体で立ちます。肘をはらずに、手は両ももに添わせます。

  5. 挿絵

    拝を二回する

    背筋を伸ばしたまま、九十度に腰を折ったお辞儀を二回します。

  6. 挿絵

    手のひらを合わせる

    両手を胸の高さまで上げて、手のひらを合わせます。

  7. 挿絵

    右手を下にずらし、二拍手

    右手を少し下にずらし、そのまま肩幅ぐらいに開いて手を二回打ち合わせます。

  8. 挿絵

    手のひらを合わせて祈る

    ずらした右手を元に戻し、手を合わせたまま静かに祈ります。

  9. 挿絵

    最後に拝を一回する

    最後にもう一度、九十度に腰を折ったお辞儀を一回した後、御神前を離れます。

神社から出るときに一礼

写真挿絵
境内から出る際は、鳥居で本殿に向かって一礼をします。
挿絵

以上が基本的な参拝作法でしたが、各神社・各地方で伝統的な作法は異なる場合があります。
ですが、作法の中にある『神様を尊ぶ心の在り方』が最も大切です。
堅苦しくならず、気軽にお詣りして神様へごあいさつ・普段のお礼・お願い事をしに行きましょう。
最終更新日:2015年08月14日

全国の新着口伝

  • 投稿者Taketomi Ishida
    (6件)
    投稿日:訪問日:
    評価:4 ⛩春日神社|大阪府 “お札、お守りなどは…”

    春日神社のお札、お守りなどは、こちらで受け付けております。 ということです。

  • 投稿者@Catsduke
    (18件)
    投稿日:訪問日:
    評価:5 紫金山 小松院 卍法楽寺|大阪府 “駐車場もあります。”

    2年(1178)、「日本の小釈迦」と讃えられた慈雲が得度し、創建した寺院。
    摂津国田辺、現在の大阪市東住吉区山坂に位置しており、本尊は不動明王であるため、近年では「田辺のお不動さん」の名で親しまれている。
    近畿三十六不動尊霊場第三番ならびに大阪十三佛霊場会第一番、役行者霊蹟札所でもある。
    慈雲は享保3年(1718)、大阪中之島は高松藩蔵屋敷に誕生、文化元年(1804)、京都阿弥陀寺にてその生涯を閉じたが、一貫して日本仏教にはびこった宗派意識を否定し、釈尊在世当時の僧侶のあり方に立ち帰ることを目指す「正法律思想」を唱えていた。
    境内には本堂、山門、鐘楼など、創建当時の建築が現存するほか、樹齢800年といわれる楠の大木が聳えている。
    なお平成8年に竣工なった三重塔では、現在、たなべ不動尊の縁日である毎月28日には、初重を開扉し、参拝者は内陣が拝礼可能となっている。
    この内陣の密壇に安置されている宝筐印塔の中には、中国育王山より伝来の紫金二顆の仏舎利が奉安されており、三重塔の真の本尊、法楽寺の真の本尊と言うべき、尊いものである。

    寺域西隣に、参詣者用無料駐車場(普通車10台程度)あり。

  • 投稿者岩田正彦
    (1件)
    投稿日:訪問日:
    卍霊泉寺|岐阜県 “明鏡天水に勇気”

    御寺 場所 分からず 勇気なく聴けず 明るい 澄みきった水をみて 帰りました