群馬 神道 祭神

挿絵

大国主神オオクニヌシノカミ

『古事記』と『日本書紀』の異伝などでは須佐之男命の子孫(あるいは息子)とされている。因幡の白兎を助けた心優しき神様でもあるが、葦原中国の国造りを成したことから国津神の主宰神とされる。また数多くの別名(大穴牟遅神・大己貴命など)を持つと云われる。

山王サンノウ系列
蔵王ザオウ系列
オオトリ/ワシ系列

御祀りをしている施設一覧

祭り・行事一覧(2023年度)

今 月内 容神社・寺院
2月下旬祈念祭・春祭⛩子神社
来 月内 容神社・寺院
3月15日(水)例大祭⛩子神社

群馬の新着口伝

  • 投稿者@chanmagun
    (1件)
    投稿日:訪問日:
    ⛩菅原神社|伊勢崎市 “菅原神社”

    菅原道真公ゆかりの神社
    学問の神様として社を置く。

  • 投稿者小林正人
    (1件)
    投稿日:訪問日:
    ⛩飯玉神社|伊勢崎市 “神饌物にオリジナリティ”

    御土御門天皇の御代、応仁年間(1467~69)、此の地の領主那波氏が、現在の伊勢崎市堀口町に鎮座する飯玉神社の御分霊を迎えて、この地に奉祀したのが始まりである。その後、世々の領主の崇敬する処となる。那波氏が滅びて以後は、氏子の崇敬により祭事は引き継がれた。明治40年9月4日、字新田に祀られていた無格社諏訪神社を合祀して現在に至る。『神餞物について』春季・秋季例祭の神饌であるお供餅は、普通二個(大・小)重ねてお供えするが、当神社に於いては、堀口町の飯玉神社より御分霊を迎えて以来、一個のお供え餅を作りお供えしている。このようなやり方はここ近辺の神社には例がなく、貴重な事である。

  • 投稿者MIZUNO
    (184件)
    投稿日:訪問日:
    ⛩一之宮貫前神社|富岡市 “「下り宮」という珍しい社殿の配置です。”

    鳥居をくぐって、階段を下って社殿に至る「下り宮」という珍しい配置です。