全国 巡拝・巡礼地

挿絵

江戸六阿弥陀エド ロクアミダ

江戸の人々が春秋のお彼岸に、行基菩薩の作と伝えられる六体の阿弥陀仏を巡拝したコース。

巡拝・巡礼地一覧

全国の新着口伝

  • 投稿者chiro0711
    (1件)
    投稿日:訪問日:
    評価:4 ⛩網戸神社|栃木県 “延喜式内社で栃木県でも古い方にあたる”

    栃木県内の神社の中でも古い方にあたるそうだ。宮司が居る時ならば御朱印が貰えるらしい。事前にホームページに載ることもあるそうなのでチェックすべし。電話で連絡しておくと神社に居てくれることもあるらしい。なにしろ兼業しているそうなので連絡が大事。

  • 投稿者YY
    (8件)
    投稿日:訪問日:
    評価:3 ⛩川中島古戦場八幡社|長野県 “川中島古戦場「八幡社」”

    武田信玄と上杉謙信の川中島の決戦が行われた八幡原史跡公園内に鎮座。周辺には決戦にまつわる史跡が点在。公園は桜の名所。

  • 投稿者YY
    (8件)
    投稿日:訪問日:
    評価:4 卍平等院|京都府 “世界遺産・藤原氏ゆかりの「平等院」”

    国宝の鳳凰堂は、平安後期1053年、関白藤原頼通によって建立された阿弥陀堂。特徴は池の中島に建てられていることで、あたかも極楽の宝池に浮かぶ宮殿のように、美しい姿を水面に映す。鳳凰堂を正面から見た姿が、翼を広げた鳥のように見えることと、屋根上に1対の鳳凰が据えられていることから、江戸時代始め頃より「鳳凰堂」と呼ばれるようになる。鳳凰堂は東方に面して建てられ、阿字池を隔てて西方に極楽浄土があることを示す。