神奈川 伊・82

挿絵

神奈川の祭り・行事一覧(2023年度)

神奈川の新着口伝

  • 投稿者飛熊Z
    (116件)
    投稿日:訪問日:
    ⛩青木神社|横浜市港南区 “青木神社”

    今日は天気も良くあたたかかったので、とても気分良く青木神社さんにお参りができました。

  • 投稿者飛熊Z
    (116件)
    投稿日:訪問日:
    卍海龍山 増徳院|横浜市南区 “海龍山 増徳院”

    横浜市南区平楽にある増徳院は高野山真言宗準別格本山のお寺で海龍山本泉寺増徳院という。大同年間(9世紀初頭)の創立といわれているが、記録は残っていない。現在の元町プラザの場所にあったお寺である。古くから町の人たちの信仰の中心的存在であった。関東大震災後、昭和3年(1928年)に南区平楽103に再建され、戦災を経てそのほとんどが平楽へ移転した。現在、元町にあるのは、昭和47年(1972年)に再建された薬師堂のみである。
     幕末になって、この寺の墓所をペリーの意向で外国人の墓地に提供したことから現在の「山手外国人墓地」が誕生した。ペリー艦隊のミシシッピ号船員ウィリアムズの葬式が行われたときは、葬儀の列は街中を太鼓の音に合わせて行進し、住民たちは家や店から出てきて見物した。そのとき埋葬された場所は増徳院の境内の丘であった。しかし、日米和親条約によって伊豆下田の玉泉寺に米国人用墓地が作られることになり、ウィリアムズの遺体はこの3ヶ月後に玉泉寺に改葬されている。また、こうした太鼓は戊辰戦争には官軍に取り入れられている。
     新四国東国八十八ヶ所霊場(http://park3.wakwak.com/~kame/tougoku/tou88bun4.htm)では、第40番札所の増徳院の写真には現在のような唐門はなく、門柱があり、向かって右には「高野山真言宗準別格本山 増徳院」、左には「宗教法人 地福寺」と表札がある。最近になって門柱に代わり山門が建立された。
     昭和初期には横浜市の丘陵地ならこれ程広大な敷地境内を確保できたのだろう。現在では増徳院境内に地福寺本堂が建立されている。したがって、この1箇所で東国八十八ヶ所霊場の第40番と42番札所をお参りできる。
     本堂屋根には菊の花にしては少し違うような、それでいてタンポポの花のような飾り瓦が上がっていた。寺務所でお坊さんに聞いてみたが知らないという。気になる飾り瓦だ。
    https://4travel.jp/travelogue/10799598

  • 投稿者飛熊Z
    (116件)
    投稿日:訪問日:
    卍天嶽院|藤沢市 “天嶽院”

    本尊

    千手千眼観世音菩薩様
    開山

    虚堂玄白禅師
    中興開山

    天嶺呑補禅師
    開基

    北条早雲公(戒名 早雲寺殿天嶽宗瑞大居士)
    山号を「功徳」、寺号を「早雲」、法堂号(本堂)を「天嶽」と命名。
    中興開基

    玉縄城城主、北条綱成公・氏繁公父子
    再中興開基

    紀伊大納言、徳川光貞卿

    https://tengakuin.jp/history/