会員画像

神路 巡

ほんの真似ごとながら神路を巡る仏道を歩む

会員見聞録

口伝の数/写真の数/御朱印取得数

  • 301件~
  • 101~300件
  • 51~100件
  • 11~50件
  • 1~10件
宮城県
2件
栃木県
2件
群馬県
2件
神奈川県
2件
三重県
21件
滋賀県
24件
京都府
24件
大阪府
1024件
兵庫県
10件
奈良県
697件
和歌山県
6093件

投稿した口伝

  • 投稿者神路 巡
    投稿日:訪問日:
    卍花蔵寺|和歌山県 “寺号の文字について”

    「華蔵寺」とも、最近各地で起きる仏像の盗難(特に無住寺に多い)に当寺もあい御本尊が盗まれたが、犯人逮捕により返還されたと、数年前に新聞報道された際などは、華蔵寺と記載されていた。

  • 投稿者神路 巡
    投稿日:訪問日:
    卍實相寺|和歌山県 “住所について他”

    和歌山県田辺市本宮町大野とあるが田辺市本宮町上大野で登記上の番地は180である。                 「天然痘除けの榊」実相寺の近くにオカメという婆が住んでいた。そこへ弘法大師が訪れ、昼食を食べようと茶を所望。婆にお茶をもらうと、大師さんは昼食をとった。食事には榊の箸を使ったが、食事が終わると、その箸を地面に突き立て、「これが大きく成長した折には、この村には疱瘡が一切ないようにしてやろう」と婆に約束して立ち去った。榊の箸は根付き、成長し、それ以後、村には疱瘡がおこらなくなったという。
     また、村の東方に疱瘡が流行すると、榊の東側の葉に黒い斑点がつき、西方に流行すると、榊の西側の葉に黒い斑点ができて、村の人々に代わって患ってくれたという。

  • 投稿者神路 巡
    投稿日:訪問日:
    卍寳泉寺|和歌山県 “住所について”

    登記上の住所は和歌山県田辺市本宮町静川724番地である。

得した電子御朱印