会員画像

神崎 悟

※自己紹介コメントはまだありません。

会員見聞録

口伝の数/写真の数/御朱印取得数

  • 301件~
  • 101~300件
  • 51~100件
  • 11~50件
  • 1~10件
埼玉県
54件
東京都
4465件
山梨県
51件

投稿した口伝

  • 投稿者神崎 悟
    投稿日:訪問日:
    ⛩浅間神社|東京都 “東京の端っことは思えない広壮さ”

    富士信仰の神社なので、言うまでもなく浅間と書いて「せんげん」と読みます。本サイト登録の神社の中では東京最東端にあたる神社(登録外を含めれば、東篠崎2-4-4にある「金海稲荷神社」が最東端です)ですが、その位置関係からは想像もつかないような広大な境内を持ち、南の大鳥居だけでも圧巻の一言です。主神の浅間神社は存外こぢんまりとしていますが、他の末社が数多く散在しており、その一つ一つがかなり大がかりとなっています(各種信仰の便を図るために末社を集約している神社は少なくありませんが、ここほど各社が大きいのは珍しいです)。まさにこの一帯の信仰の中心地であり、江戸時代の住民の信心の程が窺えます。

  • 投稿者神崎 悟
    投稿日:訪問日:
    ⛩舎人氷川神社|東京都 “舎人(とねり)氷川神社は特別区最北の神社です。”

    日暮里・舎人ライナーの終点・見沼代親水公園駅から南へ200mほど南下した西側に在ります。鎌倉時代初期創立の古社で、東京23区内の神社では最北に位置します。広々とした境内に本殿を中心に小さな末社が点在し、春先は周囲同様に桜が見事です。

  • 投稿者神崎 悟
    投稿日:訪問日:
    卍東禅寺|東京都 “日本史的には重要な寺院”

    高野山東京別院のすぐ東にありますが、入口は南を向いているので、非常に判りにくい曲がりくねった細道を通り抜けていかないと辿り着けず、存在感のわりには来訪者は少ないようです(高輪公園側から北進したほうが判りやすいです)。日本史的には有名な寺院で、幕末にはイギリス公使館が置かれたことで、何度か血生臭い事件の舞台となっています。境内は広く静謐で、荘厳な建築物が複数見られますが、住職さんがお忙しいのか御朱印はなかなか戴けません(書き置きはしていないもよう)。

得した電子御朱印